好きすぎる。。

手を取り合い同じ方向を見よう。

幸せに(M.S)

ーー

佐野晶哉
 今年からの転校生。
明るく人懐っこくてスポーツもできて
ギターもピアノも弾けるということで
すぐにみんなの人気者になった。
腰の位置がみんなより高いから
将来はモデルさんかなあ、
そう、微笑ましく眺めてる程度だった。
ーーーーー

生徒と恋。なん、て。無理。
歳が10も下。ないない。
そう思ってた。、


『〇〇!おーはよ!』
背後から声がする。
だから、、名前じゃなくて、、
『先生?』そう言って首を傾げながら
はにかんで自転車で
横切っていく佐野くん。
腰の位置が
みんなより高いからズボンが少し短い。
いつも微笑ましく見てた。


今日は卒業式。
だけども、わたしは
クラスを持ってないから
式が終わると、
体育館の掃除係になっている。
「〇〇先生、もう明日には
あちらへ行かれるんですか?」
同じ掃除係の
正門先生がモップを持ちながら
話しかけてくれる。
そう、わたしは今日で教師を辞め、
街を出る。

他愛もない話をしながら
掃除を終えた頃に
待ってたのか、
女子生徒が正門先生を呼ぶ。
先生、か、。
もう、呼ばれないのかと思うと寂しい。
、、佐野くんは、
どんな大人になっていくんだろう。。

ーー

次の日、新幹線乗り場で会って早々
『あ!貸して!』
『これで大人に見える?どう?』
わたしからだてメガネを奪い、
嬉しそうにキメて見せる姿は
可愛いけど黙っておこう。
似合ってるよ。そう伝えると、
『ありがとう。』
そういう素直なところ。

売店でお弁当を買うレジで
(親子で旅行?いいねぇ)っと
おばちゃんに言われて、少し傷ついてると
『いいえ、僕の!!彼女です』っと
腕を引き寄せてくれる。男らしい所。

『そんな顔。
もうさせへんように頑張るから。。』
切なく悲しそうに笑った後に、
握った手に力を込めながら


『〇〇は僕の運命の人やから』

そう目を見てまっすぐ言う佐野くんと
違う街で暮らしていくと決めた。。。

『愛してる。』わたしも。

めでたし。